Next Stage

2018/04/28 (Sat)

阿倍野ROCK TOWN

open: 17:00 / start: 17:30

adv: 2,500 yen / door: 3,000 yen

エマージェンザ準決勝!!

世界最大のライヴコンテスト!
エマージェンザ2018準決勝!!
お客さんの挙手によって勝敗が決まる!!
私、再びトップバッターで出陣します!
是非とも応援に来てください!!

Profile

水船一樹

水船一樹

1973年10月22日生まれ。

ギターを始めたのは高校1年の時。夏休みにバイトをしてフェルナンデスのストラトを購入。一番最初に練習したのが、ポリスの、「Every Breath You Take」。add9コードのアルペジオにいきなり挫折(笑)ギターは1年放置。

高校2年の学祭で初めてバンドで演奏。ブルーハーツ2曲とプリンセスプリンセスを1曲。

17歳で大阪に出て。ガンズのコピーバンドや、J-POPのコピーバンドをちょろちょろと。

23歳の時に「プロを目指す!」宣言をして、ゴールドトップのレスポール・クラシックを購入。

POPS系バンド、FUNK系バンドでギタリストとして活動。

27歳の時に「俺ヴォーカルやる!」宣言!(遅っ!)

1年ヴォーカルスクールに通い。28歳の時に自主制作で3曲入りのCD「愛しい人、愛しき日々」を制作。
それを名刺代わりに。「俺東京行く!」宣言!

上京してデモCDをレコード会社やプロダクションに送りまくる。
Office Wonder Musicというインディーズレーベルに声をかけられ、先述のCDを、改めて、Office Wonder Musicよりリリース。
友達には既に配りまくっていたため、全く売れず。(笑)

その後事務所主催のライヴイベントに出演することになり、サポートメンバーをかき集めバンドを結成。

バンド名は「NO END」

幾度かメンバーチェンジを経て。3ピースのROCKバンドとして活動。
高円寺、下北沢、渋谷などでライヴをやりながら、音源制作、インディーズのオムニバスCDなどに参加。

32歳の時に、「こんなヴォーカル(自分)じゃあかん!」と思い、バンド解散。
その後、女性ヴォーカルとユニットを組んで活動するも、自分達の力の無さを痛感し、解散。

音楽の道を諦める。
体調を崩し、実家の西宮に戻る。

空白の7年間。

2013年。39歳の時に、ふとしたきっかけで、又ギターを触り始める。

2014年。たまたま入った西宮のゴールウェイというライヴバー。そこでオープンマイク、なる日があると聞き、弾き語りを始める。
ギターは東京で最後に買ったオベーション1984。

2015年。西宮TREKにてマンスリーライヴを行う。三宮カルロスロイにて月1でライヴ。

2016年。「大阪武者修行!」宣言。大阪のライヴバー、ライヴハウスにてライヴ活動。

2016年9月。弾き語りでは初の3曲入りCD「ヴァニラの香り」発売。

2017年8月。3曲入りCD「君を呼ぶ声」発売。
      梅田HARD RAINにてレコ発ワンマンライヴを行う。

現在に至る。






Clip to Evernote


ページの先頭へ